Johnson Matthey

TOPへ
Corporate Social Responsibility 環境への取り組み

背 景

このたび、ジョンソン・マッセイグループ(以下JM)は、自動車触媒の更なる性能向上を目指して、当分野で世界最高の技術水準にある日本国内の研究者・技術者を対象に、貴金属クラスターまたはナノ粒子を合成する技術の共同研究/開発パートナーを募集することにしました。本募集では、大学/研究機関/企業にて、白金 (Pt)・パラジウム (Pd)・ロジウム (Rh)を扱っている研究者/技術者の方々からのご応募に期待しています。

求める技術

本募集の対象技術は、貴金属クラスターまたはナノ粒子を合成する技術です。
求める技術の詳細に関しては、下記をご参照ください。

期待される提案者

期待される提案者

例えば、以下のような提案者を想定していますがその限りではありません。

  • Pt, Pd, Rhのクラスターまたはナノ粒子の合成技術の開発を進めたい大学/研究機関の研究者または企業
  • Pt, Pd, Rhのクラスターまたはナノ粒子の合成技術を利用して実用化に取り組みたい大学/研究機関の研究者または企業
  • Pt, Pd, Rhのクラスターまたはナノ粒子を大量合成してJMに販売したいと考えている大学/研究機関の研究者または企業

提案者の機会

JMは、有望な提案者に対して、以下のような機会をご提供いたします。

応募方法

下記の応募用紙に記入して、担当者のメールアドレスまでご提出ください。
また、その際に各種資料を添付していただければ幸いです。
※最初にご提出される内容に秘密情報が含まれないことをご確認ください。

なお、ご質問等がございましたら下記までお気軽にご連絡ください。個別にご対応いたします。

コンタクト先

羽山友治(理学博士)
自動車触媒事業部 喜連川テクニカルセンター LD触媒開発室

E-Mail : jmj-request@jmj.co.jp

Tel

: 028-686-5804

eXovationとは

継続的な研究開発(R&D)への投資は、ジョンソン・マッセイグループの成長の原動力です。2014/15年度において、従業員の13%がR&Dに関わる業務についており、1.7億ポンド(300億円相当)の投資を行っています。

一方で、企業を取り巻く競争環境が激しくなる中、世界的なトレンドとして、社外とのコラボレーションによりイノベーションを加速するオープンイノベーションが盛んになってきています。そこで、ジョンソン・マッセイが持つスペシャリティケミカルに関する技術/事業力が活かせるビジネスシーズを見つけるため、世界中を探索する活動「eXovation」を開始いたしました。

詳細は下記のリンク先をご参照ください。

eXovation web-site

Johnson Matthey web-site

c_img03.jpg

Copyright ©Johnson Matthey.all right reserved.